// ニューフクシマ|【今日の日本酒】富士酒造 「出雲富士」 赤ラベル | 【公式】日本酒センター ニューフクシマ
初めての方へ 日本酒 飲み放題コース 日本酒マリアージュコース 店内のご紹介 スタッフ紹介 アクセス ご予約 サイトマップ

新着情報

記事一覧はこちら︎

ニューフクシマ|【今日の日本酒】富士酒造 「出雲富士」 赤ラベル

純米吟醸 「出雲富士」 赤ラベル

出雲富士

 

今日の日本酒は、純米吟醸の「出雲富士 赤ラベル」です。

出雲富士は島根県にある「富士酒造」という蔵元で製造されています。

  • 日本酒度    +5
  • 酸度      1.7
  • アルコール度数  16度
  • 精米歩合    50%
  • 口に含むと香りがふわりと広がります。
  • 芯があって、旨味と酸味のバランスがいいお酒です。

 

出雲富士 ラベル

 

 

 

 

出雲富士 赤ラベル富士酒造

新しく定番として楽しんでいただくために

造られたお酒です。

 

 

日本酒好適米の中でも

一番の生産量を誇る山田錦

100%使ってできた純米吟醸は

日本酒の中では王道中の王道。

 

 

蔵のこだわりや丁寧な日本酒造りが

直に表現される一本です。

 

 

ラベルにも書いてある通り、

富士酒造では伝統的な

日本酒造りの手法にこだわり、

蔵で製造するすべてのお酒を

和釜蒸し」で造っています。

 

 

現在の日本酒造りでは一般的に

酒米を蒸す作業では蒸気釜を使い

お米を蒸し上げています。

 

 

一方、和釜蒸しでは

釜に湯を沸かし、その上に

大きなせいろのようなものを置いて

お米を蒸し上げています。

 

 

普段私たちが食べるご飯のように

酒米も、炊飯器で炊いたお米と

釜で炊いたお米の香りは違います。

 

 

大変な手間はかかるものの、

お酒造りにはその手間が

しっかりと反映されるのです。

 

 

また、「手作り麹」や「木樽絞り」も

近代的なお酒つくりと比較すると

手間と時間がかかる造り方ですが、

機械に頼った日本酒造りでは

再現できない繊細さや香りを

出すことが出来るのです。

 

 

同じ山田錦を使った日本酒でも

富士酒造の細かいこだわりが

「富士酒造らしさ」をつくり出しています。

 

 

出雲富士 赤ラベル

旨味と酸のバランスがとてもよく

お食事と一緒にお楽しみ頂けます。

 

 

おすすめのあつまみは

煮魚や天ぷらなどです!

 

 

日本酒センター ニューフクシマでは

 

おつまみの持ち込み自由です。

 

出雲富士 赤ラベルに合う

お好きなおつまみと一緒に

お楽しみください♪

 

 

 

日本酒センター ニューフクシマ PR担当でした。

 

 

 

 

 

参照*http://sakenoyamao.jp/1855

*http://www.komeyasan.jp/sake/index.html

アクセス

福島 日本酒センター ニューフクシマ

住所

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-1-39

電話番号

050-7534-7391

営業時間

月~日
17:00~24:00
不定休日あり
JR大阪環状線 福島駅 徒歩1分
阪神本線 福島駅 徒歩3分
JR東西線 新福島駅 徒歩5分