// 【今日の日本酒】 来福酒造 「来福 夏の酒」|ニューフクシマ | 【公式】日本酒センター ニューフクシマ
初めての方へ 日本酒 飲み放題コース 日本酒マリアージュコース 店内のご紹介 スタッフ紹介 アクセス ご予約 サイトマップ

新着情報

記事一覧はこちら︎

【今日の日本酒】 来福酒造 「来福 夏の酒」|ニューフクシマ

純米吟醸 「来福 夏の酒」

 

今日の日本酒は、純米吟醸の「来福 夏の酒」です。

来福 夏の酒」は茨城県にある「来福酒造」という蔵元で製造されています。

  • 日本酒度    +2
  • 酸度      1.5
  • アルコール度数 15度
  • 精米歩合    55%
  • 優しい旨味が広がりサラッとキレのある仕上がり。

 

特徴・味わい

来福酒造にしては香り控えめでほんのりした甘みに適度な酸がマッチします。

渋味・苦味はほとんどなく、まさに爽快、まさに夏の酒。

夏野菜を使ったサラダや漬物のようなシンプルな料理から夏バテ対策スタミナ料理まで幅広く合います。

蔵元が夏に美味しく飲んでもらえるよう想い醸した、今飲んで頂きたい1本です。

 

オススメの料理

つるりと舌ざわりがなめらか。

クリアで流麗な味わい、やや甘酸っぱい爽やかさが、いかにも夏酒です。

ライトなボディながらも思いのほか含み香が豊か、ここはさすが来福お得意の花酵母(しゃくなげ)の持ち味でしょう。

淡いブルーボトルに爽やかなブルーラベルが映えて、親しみやすく陽気で明るいそのビジュアル、

まさに夏によく合ういつまでも飲み続けられそうな軽快でシャープな印象の限定酒です。

にんにくたっぷり使った豚肉のスタミナ炒めなどと合わせてみてはいかがでしょうか。

 

蔵元の紹介

来福酒造は西暦1716年(享保元年)創業。

創業当時からの銘柄「来福」は俳句の“福や来む 笑う上戸の 門の松”に由来するものです。

現在の当主は十代目の藤村俊文氏。

自分の目指す酒を造るために、徹底した酒米のこだわりと自然界の花から清酒酵母を純粋分離した

「花酵母」を使うなどの改革を図り全国の地酒ファンから注目されているユニークな蔵元です。

その酒造りは特定名称酒、特に吟醸造りにおいて伝統の技と多種多様な酒米、

酵母の組み合わせで個性豊かな日本酒を生みだし続けています。

東京農業大学の花酵母研究会会員として活躍する若き蔵元は、

毎年何かしらの物語を提供していけるような酒を造ろうと常に新しい酒造りを心がけています。

 

 

 

 

日本酒センター ニューフクシマでは

日本酒飲み放題を行っております。

 

お好きな日本酒をセルフで楽しめます!!

 

今回ご紹介した「来福 夏の酒」も

飲み放題メニューに入っていますので、

ご来店の際には是非お試しください!

 

また、おつまみの持ち込みが自由です。

 

是非お好きなおつまみを

お持ちになってお越しください!

 

現在、宴会の予約を受け付けております!

予算は3000円で時間無制限飲み放題。

是非、たくさんのご予約お待ちしております!

当店自慢の日本酒を楽しみに是非いらしてください!

 

日本酒センター ニューフクシマ PR担当でした。

 

電話番号:050-7534-7391

営業時間:17:00-24:00(全日)

JR大阪環状線福島駅 徒歩1分
阪神本線福島駅 徒歩3分
JR東西線新福島駅 徒歩5分

福島駅から141m

参照

アクセス

福島 日本酒センター ニューフクシマ

住所

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-1-39

電話番号

050-7534-7391

営業時間

月~日
17:00~24:00
不定休日あり
JR大阪環状線 福島駅 徒歩1分
阪神本線 福島駅 徒歩3分
JR東西線 新福島駅 徒歩5分