// 【今日の日本酒】 南部酒造 「花垣 九頭竜 第2章」|ニューフクシマ | 【公式】日本酒センター ニューフクシマ
初めての方へ 日本酒 飲み放題コース 日本酒マリアージュコース 店内のご紹介 スタッフ紹介 アクセス ご予約 サイトマップ

新着情報

記事一覧はこちら︎

【今日の日本酒】 南部酒造 「花垣 九頭竜 第2章」|ニューフクシマ

純米吟醸 「花垣 九頭竜 第2章」

 

今日の日本酒は、純米吟醸の「花垣 九頭竜 第2章」です。

花垣 九頭竜 第2章」は福井県にある「南部酒造」という蔵元で製造されています。

  • 日本酒度    +3
  • 酸度      1.9
  • アルコール度数 18度
  • 精米歩合    60%
  • 福井県の酒米、九頭竜を使用。酸の効いたシャープな味わい抜群のバランス。

 

特徴・味わい

九頭竜は玄米千粒の重さを量る千粒重は29gと山田錦並みに大粒。

また心白が大きい古代品種なので高精白には向きません。

更に粗蛋白(そたんぱく)が多いので、酸が効いてドッシリとした酒質を期待して仕込まれました。

が、実際に搾ってみると、特徴的な酸こそ出ているものの、お米が固くてあまり溶けなかった影響か、意外にもシャープ。

 

オススメの料理

「花垣 米の雫の米違いシリーズ」第二弾は九頭竜。

九頭竜とは福井県の酒造好適米です。

実はこのお米、2003年に一度生産が途絶えていました。

しかし、2014年に福井県の農業試験場に残っていた種もみから見事に復活!

「花垣」を造る「南部酒造場」でも27BYから正式採用。

何と、試験醸造も無しにぶっつけ本番で仕込まれました。

枝豆や冷奴などと合わせてみてはいかがでしょうか。

 

蔵元の紹介

五穀豊穣、豊作が続き豪農や商家が相次いで酒造家となったこの頃、当家も親戚筋の酒造家の支援により、

酒造りを営み始める。

試験醸造を繰り返す中、出来上がった酒がめっぽう好評で、藤の垣根に囲まれて、謡曲を謡ながら、

酒を愛でる宴の中で、えもいわれぬ、珠玉のしずくに酔ったと記されている。

その時、謡曲『花筐』の「花垣」と言う謡の中の言葉を銘柄に選ぶ。人の心を喜ばせ、

見て目を楽しませ、希望にあふれる縁起の良い言葉である。

 

 

 

 

日本酒センター ニューフクシマでは

日本酒飲み放題を行っております。

 

お好きな日本酒をセルフで楽しめます!!

 

今回ご紹介した「花垣 九頭竜 第2章」も

飲み放題メニューに入っていますので、

ご来店の際には是非お試しください!

 

また、おつまみの持ち込みが自由です。

 

是非お好きなおつまみを

お持ちになってお越しください!

 

現在、宴会の予約を受け付けております!

予算は3000円で時間無制限飲み放題。

是非、たくさんのご予約お待ちしております!

当店自慢の日本酒を楽しみに是非いらしてください!

 

日本酒センター ニューフクシマ PR担当でした。

 

電話番号:050-7534-7391

営業時間:17:00-24:00(全日)

JR大阪環状線福島駅 徒歩1分
阪神本線福島駅 徒歩3分
JR東西線新福島駅 徒歩5分

福島駅から141m

参照

アクセス

福島 日本酒センター ニューフクシマ

住所

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-1-39

電話番号

050-7534-7391

営業時間

月~日
17:00~24:00
不定休日あり
JR大阪環状線 福島駅 徒歩1分
阪神本線 福島駅 徒歩3分
JR東西線 新福島駅 徒歩5分