// ニューフクシマ|【今日の日本酒】 渡會本店 「出羽ノ雪 DE ひやおろし」 | 【公式】日本酒センター ニューフクシマ
初めての方へ 日本酒 飲み放題コース 日本酒マリアージュコース 店内のご紹介 スタッフ紹介 アクセス ご予約 サイトマップ

新着情報

記事一覧はこちら︎

ニューフクシマ|【今日の日本酒】 渡會本店 「出羽ノ雪 DE ひやおろし」

純米酒 「出羽ノ雪  DE ひやおろし」

1474600273261

 

今日の日本酒は、純米酒の「出羽ノ雪  DE ひやおろし」です。

出羽ノ雪  DE ひやおろし」は山形県にある「渡會本店」という蔵元で製造されています。

  • 日本酒度                 +9.0
  • 酸度                         1.3
  • アルコール度数  不明
  • 精米歩合    65%
  • スッキリとしたキレのある辛口の味わいが魅力。冷やでも燗でもお楽しみ頂けます。

1474600275648

 

 

出羽ノ雪  DE ひやおろし」は

山形県産の”出羽きらり”と”美山錦”の

2種類の酒米を用いて醸造されています。

 

このお酒に90%使用されている

出羽きらり”とはそもそもどのような

酒米なのでしょうか?

 

出羽きらり”とは

地方系統番号「山形100号」の酒米です。

 

 

山形県がこれまでに開発したお米は

品種番号が「山形酒49号」で”出羽燦々”

「山形酒86号」で”出羽の里”になっており

続いて開発されたのが

「山形酒100号」の”出羽きらり”です。

 

出羽燦々、出羽の里は山形酒から始まる

品種番号ですが出羽きらりは山形100号と

少し違いが見られます。

これが何を意味しているのかというと

このお米は酒米だけでなく食用米としても

使えるという多用途米であるということです。

 

母は山形75号(まなむすめ、はえぬきから育成)

父はちゅらひかり(ひとめぼれ、奥羽338号から育成)

であり、この2品種を親に持ち

タンパクの含有が少なく

胴割れが少ないという特性があります。

 

千粒重(千粒の種籾の重さ)は

25gであり一般的なお米が21~22gなので

一般的なお米よりも粒が大きいお米であること伺えます。

 

多用途米にしては50%の精米歩合は

かなり高精白ですが、それを実現できているのは

この粒が大きいという特性が要因となっているのでしょう。

 

 

味わいとしては

キレがありスッキリとした辛口酒であり

バランスの良さが特徴的です。

 

冷でも燗でも楽しめる万能酒!

 

秋の味覚と相性抜群間違いなし!!

 

 

 

日本酒センター ニューフクシマでは

日本酒飲み放題を行っております。

 

今回ご紹介した「出羽ノ雪  DE ひやおろし」も

飲み放題メニューに入っていますので、

ご来店の際には是非お試しください!

 

 

また、おつまみの持ち込みが自由です。

 

是非お好きなおつまみを

お持ちになってお越しください!

 

 

日本酒センター ニューフクシマ PR担当でした。

 

 

参照*http://www.kigawaya.com/sake/hatsu/jyungin-kirari.html

アクセス

福島 日本酒センター ニューフクシマ

住所

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-1-39

電話番号

050-7534-7391

営業時間

月~日
17:00~24:00
不定休日あり
JR大阪環状線 福島駅 徒歩1分
阪神本線 福島駅 徒歩3分
JR東西線 新福島駅 徒歩5分